結婚式で感動を呼ぶためのスピーチ上達法

結婚式の主賓スピーチを依頼されたら

長く会社に勤めていて、地位も上がってくると、結婚式で主賓として招かれることも多くなってきます。
招かれるのはいいのですが、中にはあまり普段からの付き合いがない部下に招かれることも多くなってきていることでしょう。

当然主賓ですので、スピーチは必ずあります。
よく知らない部下のスピーチ、しかも主賓としてのスピーチですので、印象のよいスピーチになることを心がけましょう。

もちろん、新郎新婦どちらかでも知っていれば、その人の人柄や仕事ぶり、二人の出会いなどを前もって聞いておいて話すのがいいのですが、よく知らない場合はどうすればいいのでしょうか?

そんな場合は、その部下をよく知っている直属の上司から、前もってスピーチに使えそうな話を聞いておき、式当日の新郎新婦の様子などから感じたことを自分なりにブレンドして話せばいいのです。

主賓のスピーチだからといって、堅い話を長くしなくてもかまいません。
披露宴会場が和やかな雰囲気に包まれるような、明るい楽しい話をする方が好ましいでしょう。
私の経験からですが、長々と会社の宣伝をした主賓スピーチがありましたが、聞いている方が疲れてしまいました(笑)


また新郎新婦をよく知らない場合、褒めておけばいいだろうと賞賛の言葉ばかり並べてもとってつけたようなスピーチになってしまいます。

人生や結婚生活の先輩としてアドバイスを与えられるようなスピーチを簡潔に3〜4分程度にまとめるようにすれば好印象です。
タグ:結婚式 主賓
posted by ダイム at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式スピーチ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

結婚予算がどんなに少なくても大丈夫!

  • ウェディングドレスの探し方

  • 花で大きく節約

  • 写真撮影も低コストで

  • 楽しいパーティーフェイバーをお客様に

  • 低予算でも、皆さんのおなかは大満足

  • 披露宴用のユニークなギフト

  • まだまだあります

せっかくの晴れの日ですから、夢をすべて盛り込みましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。