結婚式で感動を呼ぶためのスピーチ上達法

結婚式のスピーチで話してはいけない内容は

結婚式の披露宴でのスピーチは新郎新婦にまつわるエピソードや人柄を思わせる話がいいのですが、どんな話をしてもいいというわけではありません。

特にいけないのは、新郎新婦の苦労話や不幸な過去など、たとえその人柄の良さを表している美談であっても、おめでたい席ですので暗い話は避けるべきです。
そのために、おめでたい披露宴の雰囲気が暗くなってしまってはいけません。

また、当然おわかりでしょうが、過去の異性関係や新郎新婦の暴露話などはもってのほかです。
結婚式には新郎新婦のご両親、親族の方が大勢列席されてます。
新郎新婦のイメージを貶めるようなスピーチはご法度、タブーです。


結婚式の披露宴は新郎新婦の新しい門出をお祝いする場なのです。
ですから、スピーチはあくまでも新郎新婦の印象をよくする内容の明るく楽しいものでなければいけないという事を忘れてはいけません。

また結婚式のスピーチでは、新郎新婦の両家に対する心配りもとても大事です。
一例を言えば、新郎新婦の家柄に格差があるような時でも、一方の家柄ばかりを褒めたてたりしてはいけません。
たとえ新郎新婦、どちらかの親の社会的地位がどんなに高くても、そればかりを話題にし強調するようなスピーチはイヤミになり非常に悪い印象を与えます。
結婚式の主役はあくまで新郎新婦である事をいつも頭に置いていてください。
posted by ダイム at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式スピーチ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

結婚予算がどんなに少なくても大丈夫!

  • ウェディングドレスの探し方

  • 花で大きく節約

  • 写真撮影も低コストで

  • 楽しいパーティーフェイバーをお客様に

  • 低予算でも、皆さんのおなかは大満足

  • 披露宴用のユニークなギフト

  • まだまだあります

せっかくの晴れの日ですから、夢をすべて盛り込みましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。