結婚式で感動を呼ぶためのスピーチ上達法

披露宴スピーチの重要3ポイント&例文

結婚式の披露宴でのスピーチをうまくまとめるには、次の3つのポイントを押さえておくとまとめやすくなります。
@新郎新婦へのお祝いの言葉とカンタンな自己紹介
A新郎新婦の馴れ初めや、よい人柄がわかるような話
B結びの言葉&まとめ

これらが基本ですが、これだけではわかりにくいでしょうから、例文を紹介します。

1.新郎新婦へのお祝いの言葉とカンタンな自己紹介

例)□□さん○○さん。本日はご結婚おめでとうございます。私は新郎の□□さんが勤務する会社で同期に入社し、一緒に働いている△△と申します。

2.新郎新婦の馴れ初めや、よい人柄がわかるような話

例)二人のなれそめに関わっていればそういった話や職場の関係者であれば新郎新婦の良い人柄を思わせる仕事ぶりに関する話等、新郎新婦の良いイメージにつながる話を柔らかく話します。

3.結びの言葉&まとめ

例)お二人の末永い幸せを心からお祈り致しまして、私からのお祝いの言葉とさせて頂きます。本日は本当におめでとうございます。
今日のこの日の感激をいつまでも忘れる事なく、二人で協力しあいながらいつまでも仲の良い夫婦でいて下さい。本日は誠におめでとうございます。

お祝いのスピーチはこの3ポイントでカンペキです。
結婚披露宴のスピーチの王道ともいえる例文ですので覚えておくと今後応用が利いて便利です。
posted by ダイム at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式スピーチ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

結婚予算がどんなに少なくても大丈夫!

  • ウェディングドレスの探し方

  • 花で大きく節約

  • 写真撮影も低コストで

  • 楽しいパーティーフェイバーをお客様に

  • 低予算でも、皆さんのおなかは大満足

  • 披露宴用のユニークなギフト

  • まだまだあります

せっかくの晴れの日ですから、夢をすべて盛り込みましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。