結婚式で感動を呼ぶためのスピーチ上達法

結婚式で上司から部下へのスピーチでの注意点

会社の部下に結婚式、披露宴のスピーチを頼まれた場合、上司として何に気をつければいいのでしょうか?
上司としてスピーチをするときのコツと注意点を書いていきます。

まず、以下のことは特に気をつけてください
@会社の宣伝や紹介、あげくに自慢をしてしまう。
A部下だということで、説教のような言葉でスピーチをしてしまう。

こんな方本当に多いです、、聞いていても気持ちよくないし、第一新郎新婦の気分を害してしまいかねません。


では、上司としてうまいスピーチとは
@新郎あるいは新婦である部下が、普段会社でどのような仕事ぶりかを伝える。
普段から仕事をサボっています、、、なんてのはだめですよ。たとえ、そうであったにしても、
「彼はおおらかな性格で、特に他の社員からの人望も厚く・・・・・」なんていうのがいいのではないしょうか。
A人生の先輩としてのアドバイスをさらりと盛り込むのがいいでしょう。このとき説教くさくならないように、あっさりと話すことの方が好感が持てます。
激励のつもりでつい熱が入ってしまって、説教くさくなってしまう場合もありますが、そこはグッとこらえて、あくまであっさりと話すことを心がけてください。
posted by ダイム at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式スピーチ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

結婚予算がどんなに少なくても大丈夫!

  • ウェディングドレスの探し方

  • 花で大きく節約

  • 写真撮影も低コストで

  • 楽しいパーティーフェイバーをお客様に

  • 低予算でも、皆さんのおなかは大満足

  • 披露宴用のユニークなギフト

  • まだまだあります

せっかくの晴れの日ですから、夢をすべて盛り込みましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。